独立起業最前線 >> 会社を興す >> 会社法改正で会社設立が簡単に

会社法改正で会社設立が簡単に

会社法改正で会社設立が簡単に

独立起業という言葉を聞いて、おそらく誰もが思い浮かべるイメージは、会社を興すと言うことではないでしょうか。

「起業」と言う言葉にはなにかしらそのようなイメージがありますね。

起業と言う言葉の響きがが「企業」と同じだからかも知れませんが。

さて、会社を設立するというのは並大抵のことではないと言う印象をお持ちの方が多いのではないかと思います。

確かに、会社を設立するにはさまざまな書類を用意したり、定款を作成したりと、繁雑な事務をこなしていかなければなりません。

しかし、2006年5月1日に施行された会社法では、会社設立に関するハードルが可成り低くなっているのをご存知でしょうか? 

書類などは相変わらず沢山用意しなければなりませんが、今まで存在していた、おそらく会社設立に関する最も高かったハードルがなくなりました。

すなわち、有限会社なら300万円、株式会社なら1000万円の資本金がなければならないと言うハードルがなくなり、資本金1円からでも株式会社を設立することができるようになりました。

そして、今後は有限会社を設立することができなくなっています。

「そんなこと知らなかった!」とおっしゃる方も多いかと思いますが、これは事実です。

個人事業主として生業を営むことももちろん悪い選択肢ではないのですが、会社組織にすると、さまざまなメリットを享受することができます。

税制上のメリットもありますし、社会的な信用を得ると言うことも大きいですね。

起業した人の本気を感じて貰うための材料としても有効です。

大手企業の中には、個人相手とは取引をしないと言うスタンスの企業もありますし、海外企業との取引(輸出入など)でも会社組織である方が何かとやりやすくなります。

これから起こそうとしている事業の内容にもよりますが、独立起業に際して株式会社を立ち上げると言う選択肢があると言うことを忘れないで頂きたいと思います。

会社を興せば、あなたも「社長」ですね。

名刺の肩書きに○○株式会社代表取締役社長と書かれているのは、個人的にも気持ちの良いものでありますし、やはり潰しも効くのです。

独立起業最前線は、独立起業に関する情報サイトです。

独立起業最前線Pick Up!:FXなどの金融活動

アフィリエイトやネットショップが、物販の一環であるのに対し、ネットを通じて投資を行うという形があり・・・・