独立起業最前線 >> フリーランス >> 本業としての個人事業

本業としての個人事業

本業としての個人事業

フリーランスという働き方があります。

良く「フリーの~~」などと言われますが、あれは要するにどこかの会社などに雇用されることなく、どこかの会社などと取引する独立自営の職業人のことです。

これは一般的な独立起業という概念にもかなり近いものです。

「起業」という言葉には、「会社を興す」とか「店を開く」というイメージがありますので、個人事業主というのは多少このイメージからは外れる部分もありますが、「独立」という点では文句なく独立しているのです。

さて、フリーランスで働くためには自分自身の売り物、すなわち「職能」が必要です。

会社勤めなどをしていた際に、仕事を通じて身につけることのできた職能で独立することもあれば、秘かに勉強して取得した資格を使って独立することもあります。

前段で書いたもの、例えばライターなどと大差ないように思われるかも知れませんが、最も違うのはこれを「本業」として営むと言うことです。

フリーランスという言葉には「フリー」すなわち自由という言葉が入っていますが、何が自由なのかというと「働き方」が自由だと言うことです。

日常的に自由時間がいっぱいあるのだという意味ではありません。

自分の職能を買ってくれる取引先を見つけ、そこから仕事を受けて主に出来高などで報酬を受けます。

フリーランスの良いところは、何と言っても他人に働き方をとやかく言われないことです。

そして、成功すればその恩恵をすべて享受することができます。

そのかわり、失敗した際には自分がその責任を負うことになります。

厳しい世界ですが、やり甲斐のある世界でもあります。

自分の腕一本でやっていくと言う充実感、自己実現の喜びを味わうことができます。

フリーランサーの多くはこの点が「フリーランスであり続けるモティヴェーション」であるとも言えます。

何らかの職能があってそれを生かしたいと考えている人や、組織の一部として働きたくないと考えている人などは、フリーランスでの独立はなかなか魅力的な選択肢であると言えます。

独立起業最前線は、独立起業に関する情報サイトです。

独立起業最前線Pick Up!:今までの会社勤めの経験と人脈を活用する方法

会社を設立するとして、それはどのような会社になるのでしょうか。 それは、その人のしようとしている事・・・・

カテゴリー

このカテゴリー内記事

当サイトについて

独立起業最前線へようこそ!独立起業最前線管理者TAROです。

管理人紹介

独立起業に関して解説しています。