独立起業最前線 >> フリーランス >> 司法書士、行政書士など

司法書士、行政書士など

司法書士、行政書士など

フリーランス、すなわち個人事業主で働く場合で、手堅いと思われるのは資格を得て営む仕事でしょう。

この単元のタイトルである司法書士や行政書士などがそうですし、この他にもさまざまな資格があります。

取得するのに難易度の高い資格を取得すれば、競争相手が少なく、またその職能が広く一般的に認知されるという点で、手堅い行き方であると言えます。

もちろん、そこに到るまでの努力には並大抵でないものがあるはずですが、それだけに資格を得た後には大きな可能性が開けています。

もちろん、資格があれば看板を出しただけでお客が寄ってくると言うほど美味しい仕事はないと思います。

開業すればしたで、営業努力は行わなければなりませんし、事務所などを開くのであればそれなりの元手も必要です。

融資を受けるか、貯蓄を使うか、あるいはその両方でいくか、など開業に当たっては煩雑な手続を踏む部分もあります。

上記のような司法書士などで独立するには、まずどこかの事務所で雇って貰って実務経験を積んでから独立するというのが一般的です。

他のどんな資格でも、現時点で順調に仕事が進んでいる既存の事務所なり会社なりで実務を経験してから独立というのが安全でしょう。

独立起業と言っても、そこに到るまでにはそれぞれの業態で踏んでいかなければならないステップというものがあります。

そこを省略しようなどと考えると後々が大変と言うことにもなります。

また、このように自分で独立して開業すると、当然確定申告を行うことになります。

そのためには、日常的な経理業務を行う必要があります。

これはしばしばネックとなるケースがありますが、自営する以上帳簿はつけなければなりません。

この辺のことにさっぱり見当がつかないと言う方は、独立する前に個人事業主としても経理の実務を勉強する必要があります。

少なくとも、日常的な金銭の出納をきちんと記録しておけば、税理士の助けを借りて申告は行うことができます。

経理がしっかりしていることは事業の信用にも繋がります。

独立起業最前線は、独立起業に関する情報サイトです。

独立起業最前線Pick Up!:物販店

同じ「売る」店でも、飲食物を売るのではなく物を売る店、すなわち「物販店」を経営するという起業の方法・・・・

カテゴリー

このカテゴリー内記事

当サイトについて

独立起業最前線へようこそ!独立起業最前線管理者TAROです。

管理人紹介

独立起業に関して解説しています。