独立起業最前線 >> 店を開く >> 集客について考える

集客について考える

集客について考える

さて、店を開いた以上はお客さんを獲得しなければ商売にはなりません。

そこで、宣伝を行って集客をはからなければなりません。

これは、販売業を営むものの逃れられない宿命です。

宣伝活動が苦手、嫌いという人は、この業界に入って成功するのはかなり難しいことでしょう。

宣伝を行うには、宣伝媒体が必要ですが、それにもいろいろなものがあります。

考えられるのは、テレビ・雑誌などのメディア、チラシ、口コミ、交通広告、看板広告、ダイレクトメール、そして現代の世相を反映するものには、インターネット上でのホームページやメールマガジン、あるいはブログなどの媒体が考えられます。

これらの媒体を利用して宣伝活動を行うには、多かれ少なかれ費用がかかります。

ですので、宣伝にかける費用と、目標通りの販売実績が上がった場合にどれくらい儲かるのかなどを計算しながら宣伝媒体を選んでいくと言うことになります。

すなわち、費用対効果と言うことですね。

宣伝にかけた費用を十分に上回るだけの販売額が見込めなければならないと言うことです。

大量の販売が見込めると言うのは、それだけ需要があるものであると言う判断があり、しかも在庫を潤沢に確保できると言う事実があると言うことです。

そのような大きな「商い」ができるものであれば、費用のかかる宣伝も打つことができます。

テレビ、新聞、雑誌、ラジオなどの媒体での宣伝はお金もかかりますが、やはり効果も上がるものです。

これに対して、あまり費用をかけるわけにいかないと言う場合は、費用のかからない宣伝媒体を使う必要があります。

手製のチラシをポスティングするのは可成り費用を浮かせることができますが、使用する紙の代金や印刷費、そしてポスティングに人を雇うのであれば、その人件費もかかりますし、費用として計算しにくいものですが、「時間」もかかります。

ここで、上手く活用したいのがインターネットです。

ウェブサイトやブログなどでSEO対策などを施して、アクセスの集まるページをつくりそこで宣伝するというものです。

これは次の章とも関連があります。

独立起業最前線は、独立起業に関する情報サイトです。

独立起業最前線Pick Up!:会社法改正で会社設立が簡単に

独立起業という言葉を聞いて、おそらく誰もが思い浮かべるイメージは、会社を興すと言うことではないでし・・・・

カテゴリー

このカテゴリー内記事

当サイトについて

独立起業最前線へようこそ!独立起業最前線管理者TAROです。

管理人紹介

独立起業に関して解説しています。